​排尿は私達が生きるために必要です。

しかし、突然の尿意に襲われ

周囲にトイレが無かった場合

​あなたの選択肢は一つしかありません

最悪な経験を一人で抱え込まずに共有する

そんな体験ができる装置を作りました

​失禁をネガティブな気持ちで終わらせない

 

​新しい失禁研究の取り組みがここにあります

応用事例

介護教育

医療

エンターテイメント

 尿失禁に悩む方の気持ちを理解し、こころに寄り添った介護を学ぶ機会を得られます。看護学校から企業、個人まで介護に携わるすべての人に。

 排尿をうまく行えない人への補助器具として、尿意を感じにくい、感じられない人へのリハビリ器具として活用できないか研究を進めています。

 失禁を楽しく学ぶためにはエンターテイメントの力が必要です。嘲笑うのではなく共に笑う、そんな失禁体験を提供します。

​失禁研究会は

装置のレンタル、購入、共同研究

展示依頼、メディア出演など

あらゆるご依頼を承っております

​まずはお気軽にご相談下さい

News

​・2019/11/28 SOCiAL FUNK! 2019に失禁体験装置展示&トークセッション遠隔登壇の記事を掲載しました

・2019/11/05 首都大学東京学園祭「みやこ祭」にて失禁体験装置展示​の記事を掲載しました

​・2019/10/23 Q&Aを更新しました

​・2019/08/26 WORKSに記事を追加しました

・2019/02/10 WORKSに記事を追加しました

・2018/10/23 失禁研究会が総務省異能(inno)vatonプログラムにて破壊的な挑戦分門に採択されました

・2018/09/16 WORKSに記事「EC2018に投稿&展示」を追加しました

​・2018/07/05 WORKSに記事「失禁研究会VR空間で講演」を追加しました

​​・2018/05/13 ABOUTを更新

・2018/05/13 LINKに電気通信大学ピクトラボを追加

​・2018/05/08 サイトリニューアル

LINK

所属

​電気通信大学 ピクトラボ

​所在地

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1丁目5-1

連絡先

​urealabyrinth[at]gmail.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now